多機能型事業所

わお 

(多機能型事業所わお作業所 /

ラポール喫茶 / 販売コーナー

 

生活介護事業

就労継続支援B型事業

 

一人一人の個性に合わせた支援を大切に。

 


「わお」多機能型事業スタート

--------元年10月1日--------

 平成24年4月に就労継続支援B型事業としてスタートした「わお」ですが、この度多機能型事業のスタートに伴い、就労継続支援B型事業は令和元年10月1日より今までの事業所の向かいにある丸天ビル1階(元「丸天米酒店」)に移転しました。

 これまで活動してきたプランドール牧野駅前1階では生活介護事業を行っていきます。

 就労継続支援B型事業では今後、一般企業での体験就労やいたく事業契約を推進していく事で、より一層、当事者の方の就労支援に力を入れていきます。また、活動を通して得た収益については、配分金として利用者に還元していきます。

 

 生活介護事業では、「心の土台からの自分らしさ」を大切に支援をしていきます。利用者の皆様が潜在的に持っているパワーや個性を生き生きと開花させていく事を目指します。また、「利用者の思いの代弁」をするだけでなく、援助の過程で利用者の皆様の利益を図り、生活の質の向上に努めます。

「わお」ってどんなところ?

 平成244月から、就労継続支援B型事業所として“わお”は誕生しました。

拠点は、京阪本線牧野駅から徒歩5分の”プランドール牧野駅前”の1階です。

そして、同じく京阪本線の枚方市駅から徒歩の位置10分にある、総合福祉会館ラポールひらかた内では、施設外支援事業として喫茶販売コーナーを営業しています。

 

 

 牧野のわおと、ラポールひらかたの喫茶販売コーナーを中心に、障がいのある方に就労の機会を提供しています。

また、その活動を通して生活と就労に必要な知識と能力の向上を目標とした、障害福祉サービスを提供しています。

 

令和元年10月1日より)「わお」は多機能事業所となりました。

プランドール1階にて生活介護事業開始となり丸天ビル1階に就労継続支援B型事業所を移転いたしました(プランドールの真向かいです)

 

活動を通して得た収益は、配分金として作業所で働く利用者に還元されます。